リサイクルトナーはコスト削減に最適

リサイクルトナーとは、一度使用した使用済みのトナーを分解し、
新たに新しいトナーを詰めたリサイクル製品です。

サードパーティ製の汎用トナーと違い、純正の使用済みトナーを
再利用しているので使用した時の不具合が少ないのも
リサイクルトナーの(*^^)v特徴です。

汎用トナーの場合、出来る限り純正トナーと同じような作りには
なっていますが、100%同じものではないため途中で
トナーが詰まったり、機械本体に異常が出る確率が高くなってしまいます。

リサイクルトナーの場合は、一度分解して劣化した部品などを交換し、
きちんと使用できる状態にしてから出荷しているため、
汎用トナーと比べると不具合の発生率が非常に低く、
機械本体にダメージを与える確立も低減されています。
もちろん100%安全というわけではないので(^_^;)多少のリスクはあると
考えたほうが良いでしょう。

通常リサイクルトナーは4~5回前後再利用するため、
購入時のコストも低く純正トナーと比べると最大で60%
コスト削減が可能になっています。

最近では大手もトナーのリサイクルに参入してきていますから、
昔に比べて非常に買いやすくなってきているのではないでしょうか。

トナーがなくなった時点で連絡をすれば、使用済みリサイクルトナー
回収して新たなリサイクルトナーを持ってきてくれるようになっています。
持ち帰った使用済みリサイクルトナーは、また分解して点検をし、
新たなリサイクルトナーとして(*^_^*)生まれかわります。

エコが叫ばれる時代ですから、コスト削減と地球環境のことを
考えてリサイクルトナーの利用も考えてみても良いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク