大阪や京都に単身赴任する際に気になること

普段、東京で仕事をしている人であっても、転勤
することになって、別な地域で働くことになる可能性
はあります。私も大企業に勤めているので、いつ転勤
になるかと気になる毎日です。(-_-;)
仕事の内容上、単身赴任先としては大阪や京都になる
可能性が高く、普段から大阪や京都の状況には注意
しています。

すでに家庭を持っている場合に転勤となると単身
赴任ということになりますから、まず問題になって
くるのは住居でしょう。さすがに、単身赴任のため
だけに新たに住宅を購入するのは難しいですから、
賃貸ということになります。初めて大阪や京都に
単身赴任となると、その地域の家賃相場が分かり
ませんから大変です。(゚∀゚;)

大阪や京都に知り合いがいるのならあらかじめ家賃が
どの程度か聞いてみるのがいいでしょう。最近はネット
上で大阪や京都の相場情報を知ることのできるサイトも
現れていますから、それらの活用も考えられます。

単身赴任というのは自分が思っている以上に大変なも
のです。今まで家族にやってもらっていたことを自分一人
でやることになりますから、住み始めてみて必要な物に
気づくということもあります。様々な可能性を考えて、
大阪や京都の中でもできるだけ生活しやすいエリアを
選ぶのが大事です。← ポイント1

また、住む場所だけでなく言葉遣いについても大阪や
京都に単身赴任となると問題になってきます。
特に東京に長く住んでいるとすっかり標準語が体に染み
込んでいますから、方言というのは全く解読できなかったり
します。現代では方言というのは廃れつつあるわけですが、
それでもなお、大阪弁や京都弁はその地域では根強く
残っています。

大阪や京都に単身赴任することになったら、方言を学ぶ
覚悟を決める必要があるでしょう。← ポイント2
方言がしゃべれない分にはさほど問題無いですが、
方言のリスニングができないとなると生活にも影響して
きます。京都や大阪に行く前に、京都や大阪をテーマに
した映画などを見て慣れておくのもいいかもしれません。
単身赴任の前に軽く旅行してみるのも一案です。(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク