積木くずし

数年前にやっていた、安達祐実さんの「積木くずし
を見ました。この出来事が起きたのは、私が産まれる
前の話なので当時のことは当然分からないのですが。
娘が不良化してしまったところを見ると、正直、理解の
なさすぎる親だと感じました。

ただ娘がわがままで好き勝手にしていると決め付けて、
腕力で自分の思い通りにしようとする。娘の事情を分か
ろうともしないどころか、自分たちはこれだけしてやってる、
恵まれているんだから、とぬかす。
娘が更正すると自分たちの努力だと思い込み、世間に
それをさらす。本を出版した後、マネージャーに騙されて
ずいぶん悲惨な目に合ったようですが、そもそも面倒な
仕事を娘をさらしものにしたお金で人にさせていたのだから、
はっきり言って自業自得だと感じました。

それでも当時、娘が不良になった、と娘は悪者として世間で
通ってしまっていたのでしょうね。このドラマでは、親子関係
は悪くない状態で終始しています。
親子って不思議なんですね。どんなに理不尽なことをされても、
結局見捨てることができないようになっている。

これが時には良くない方向に行く。
良い関係が続くにつれて、解決しきれていなかった確執に
ついて自然と忘れてしまう。娘があのようになった理由を、
本来は娘が亡くなる前に知っておいた方が良かったし、
母親にも知ってもらうべきだった。亡くなってからでは遅す
ぎます。色んな説があるけれど、父親が海に向かって娘に
謝り倒しても、お墓の前で謝っても、娘に通じているという
保証は科学的にないのですから。

ちなみに、このドラマを放送した数年後に、成海璃子さんが
娘役となったドラマも放送していたようですが、そちらはまだ
見たことがありません。
機会があれば見てみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク