日本は日常生活ではんこに気を遣う

hanko_syuniku

普段はそんなに深く考えることがありませんが、仕事だったり、
プライベートだったりなどでふとゴム印はんこが必要だ」
(*^_^*)思うことがあります。

それは仕事で毎日サインをしている部分が(ーー;)面倒だったり、
宅配の荷物を受け取るときのちょっとしたサインが面倒だったりなどです。
手書きでサラサラと文字を書くのは大した手間ではありませんが、
それでもゴム印やはんこを押してしまえばその手間を省くことができます。

ただ、いざゴム印やはんこの販売をしているお店を探してみても、
あまり(>_<)見かけません。
もっとよく探せばあるのかもしれませんが、個人店舗で営業をしている
お店はなかなか見つからないです。

では、どうやったらゴム印やはんこの販売をしているお店を
みつけることができるでしょうか?
(?_?)考えてみたのですが、本当に簡単なものならば、
100円均一のお店に売っています。
よっぽど珍しい苗字ではない限り、それらのお店に売っているので、
そこで買ってくれば(^^)v用が足ります。

そこで、私はさっそく100円均一のお店で買うことにしました。
すると、とても使いやすそうなゴム印がありましたのでそれを買いました。
他にもとてもシンプルですがはんこもありましたので、
わざわざ個人店舗で販売しているお店を見つけなくても良いと思いました。

ただ、印鑑証明登録する印鑑だったり、実印に関しては(^_^;)さすがに
100円均一のお店で済ますわけにもいかないと感じています。
何も高級なはんこにする必要はありませんが、
それなりにしっかりとしたつくりのはんこにしておかないと、
万が一の可能性ですが悪用されてしまうケーも考えられます。

それを考えると、はんこというのは日常生活の中で(>_<)なかなか取り扱いが
繊細だということに気付きます。
シンプルなゴム印でも、仰々しいはんこでも、まったくそれらを
使わない場面というのは考え辛く、それが日本が印鑑社会といわれている
ゆえんなのだと納得がいきました。
ですので、これからもはんこには常に気を遣っていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク