顎関節症、あごの症状だけではありません。

顎関節症ってご存じですか?
一度は聞いたことのある病名だと思います。
この病気ですが、高齢者に多いのかなと思っていましたが、
実は20~30代の女性が一番多いようです。
そして、(@_@;)なんと10代の方でも発症するそうです

そして、驚きなのが男性よりも女性の方が、
2~3倍かかる人が多いそうです
女性の方が、筋肉や骨に対する痛みに対して
感受性が高いからではと言われています。
また、女性ホルモンが関わっているかもしれないという説もあるそうです。

この顎関節症の主な症状は、食べ物を噛むときに痛みや違和感がある
口を開けたり、閉じたりするとコッキン、カックンなどの音がする
口がうまく開けられない、あごがたまにはずれるなどです。

少しで心当たりがある方は、(>_<)注意して下さいね。
そして、この顎関節症は、顎関節や口の症状だけでなく、
他にも副症状が現れるようです。

めまい、耳鳴り、頭痛、腰痛、鼻づまり、目の疲れ、充血、
歯の痛みなど本当に様々な副症状が現れます。
そして、特にひどくなると、手足のしびれた呼吸困難っといった
症状まで((+_+))出現するようです。

ですから、もしかしたら顎関節症かもと思ったら、
早めの受診をおすすめします。
痛みを我慢できるから大丈夫と放おっておくと、
様々な副症状にも悩まされるようになります。

そして、この顎関節症が起こる原因はなんでしょうか?
単に口を大きく開けすぎた、硬いものをかんだなどのこともあります。
しかし、急激なストレスによっても発症することがあるようです

また、何かに熱中した際に、無意識に歯を強くくいしばることによって
発症する方も多いようです。
特に、スポーツの試合など緊張が高まる場面で
歯をくいしばることが多いそうです。
ですから、スポーツをする若者にも発症するケースがあるということです

そして、もし発症してしまったら、噛み合わせを治すことが
一番の治療法だそうです。
この病気とうまくつきあっていく生活もあります。

固いものは食べない、うつ伏せ寝はしないなど生活に制限がでます。
ですので、早めに受診して顎関節症の早期治療を行うことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク