いとこがアメリカで家具屋さんを始めました

いとこの旦那さんはアメリカ人男性で、今アメリカで一緒に住んでいます。

この前家具屋さんの会社を辞めて独立したそうです。

いとこのメールではアメリカで会社設立のための準備を始めているそう。

貯金を取り崩して大変だそうですが、

旦那さんがアメリカで会社設立をするの長年の夢なので

いとこも協力しているそうです。

いとこからのメールで販売する家具の写真が送られてきます。

一般家庭用の家具の他に女性の一人暮らしの家具、

小さな会社に買ってもらう家具などいろいろ揃えているそうです。

いとこが仕入れを任されていて、カナダなどにも行っているそうです。

その間に旦那さんはアメリカで

会社設立のための準備を進めているそうです。

そんな報告を聞きながら半年。

無事にオープンする日がやってきました

私も夜からそわそわ(アメリカは朝なので)しています。

そして1日が終わったあと、いとこからメールがありました。

一般家庭向けのテーブルセットとソファ、

女性向けの少しリッチなソファ、

あと綺麗な電灯のインテリアが売れたそうです。

上々の滑り出しのよう

それを聞いていると私も一度そのお店に行ってみたくなりました。

会社に休暇をとれる日を確認し、1ヶ月後に渡米しました

その日はいとこの家に泊めてもらい、翌日一緒にお店に向かいます。

かなり大きめのお店でびっくりしました。

「アメリカはなんでも大きいから」といとこはあっさり言います。

例えるとちょっと大きいビデオレンタル店くらいです笑

個人経営のお店でアメリカの人はこんなに大きなお店を

作るんだなぁと驚きました。

実は女性向けのソファで買いたいものがあったら買っても

いいかなと思っていたんです。

すると、優しいオレンジの色の可愛いソファがあります。

カナダ製だそうです

すわり心地もふわふわ。

日本で売っているものと全然違います。

これは可愛いと思い、即決しました。

実は開店当日に売れたのはこのソファで、今も一番人気だそうです。

サービスで送料は負担してもらい日本に送ってもらえることになりました。

そして帰国してからそのソファが届きました。

大きさも計っていた通りの大きさで部屋にぴったり。

なんか部屋が一気に明るくなりました。

いとこの旦那さんの夢がかなって良かった。

アメリカで夫婦で頑張っている2人に元気をもらいました

room_youshitsu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク